メイン

過去のコメント集  2024年6月

午前中の東京の大規模な買いには非常に驚いた。神田効果と年初の円高予想で、買いそびれている向きが非常に多そうだから、いつでも、どこからでも買いが染み出てくるよね。神田将軍で、皆、慌てて買う必要もないと勘違いしたと思う。失敗する介入の典型例になりつつある。160円ショックなのかなあ、待ってても仕方ないと腹を決めた向きも多そうだ。それにしても、全く落ちないと言うのも、これまた違和感があるけど。今日は、オージー円以外のクロス円は軟調だ。おっと、いつも通りに深夜前から恒例の円売りが始まった。毎日同じ。(6月28日。動物看護の日。0時前。)

サンマルク。変身したとか言う記事?を読んだのを覚えていたので、行ってみた。10年ぶりかもしれない。7割くらい埋まっていた。ランチタイムなので、主婦たち女性ばかり。値段を見ると、お金のある連中の様子。値段は高くなっていた。パンは13種類もあって配りに来るから、そのたびに食べていたら腹一杯になってしまった。ハンバーグ系を食した。非常に美味しい。なんでも、原点に戻って、いろいろなものを出すような形態をやめたのだとか。次回も行きたいのだが、確実に体重が爆上げしそうで、ちょっと。忘れ物をしたので、後で取りに行ったら、女性たちは、各自車で来ているようだが、2時間以上いたんだなあ。

6月28日(fri)
始値
高値
安値
引値
ドル円
160.75
161.28
160.27
160.85
ユーロ
1.0703
1.0724
1.0686
1.0713
ユーロ円
172.07
172.44
171.45
172.32
ポンド
1.2640
1.2665
1.2620
1.2644
スイス
0.8986
0.9010
0.8980
0.8987
オージー
0.6647
0.6684
0.6620
0.6670
ユーロポンド
0.8468
0.8482
0.8458
0.8473
キウイ
0.6086
0.6104
0.6058
0.6091
ポンド円
203.21
203.59
202.58
203.38
キウイ円
97.83
98.14
97.52
97.97
スイス円
178.89
179.22
178.24
178.98
オージー円
106.86
107.46
106.56
107.29
 人民元
7.3035
7.3064
7.2905
7.3000
カナダ
1.3701
1.3734
1.3656
1.3679
カナダ円
117.34
117.73
117.02
117.59
2327.7
2339.8
2319.2
2326.8

円の論議が騒がしい。おっと待った。年末年始の新聞、雑誌、ネットなどのエコノミスト予想や巷の連中の予想とコメントを読み直したほうが良い。それはそれとして、最近は、金利差に焦点をあてすぎて、金利差が縮小しないからこうなっている的な議論が多い。ちょっと目線が狂っていると思う。今度はやたらと円安予想が闊歩し始めている。コロコロ転換だ。円とドルの非常に重要な分岐点は、大統領選だと思うし、トランプが再選されれば、ちゃぶ台返しのリスクが株式市場と為替市場に訪れると思うけどどうかな。今日の相場は、睨みあいの凪相場。神田を刺激しないようにクロス円で攻めている印象。160.40.この後は、主導権を握るNYが夜中に買い上げるかどうか。(6月27日。零細・中小企業デー。22時以降。)

都知事選があるので、いつもたいして読まない選挙公報なるものを読んでみようかと思ったわけ。あまりにも、俺が、私が、っていうのが多いので、比較しないとわからないでしょ。しかし、驚いたなあ。こんなに劣化しているの?昭和の男は理解できないわけよ。立花孝志という男の宣伝誌みたいじゃないの。選挙看板もそうだけど、なんでも今回は想定外というのが多いらしいね。しかし、あんな広報では、一生懸命考えて立候補した連中の声が届くわけがない。あまりにもふざけた立候補が多すぎる。こんな風潮では、投票棄権するわけにもいかない。

6月27日(thrs)
始値
高値
安値
引値
ドル円
160.76
160.82
160.29
160.77
ユーロ
1.0680
1.0726
1.0677
1.0703
ユーロ円
171.69
172.16
171.39
172.07
ポンド
1.2625
1.2670
1.2613
1.2640
スイス
0.8972
0.8988
0.8958
0.8988
オージー
0.6648
0.6672
0.6640
0.6647
ユーロポンド
0.8459
0.8475
0.8454
0.8468
キウイ
0.6081
0.6108
0.6069
0.6082
ポンド円
202.94
203.38
202.51
203.21
キウイ円
97.76
97.97
97.47
97.78
スイス円
179.18
179.20
178.66
178.87
オージー円
106.87
107.06
106.65
106.86
 人民元
7.3010
7.3037
7.2945
7.3035
カナダ
1.3702
1.3712
1.3676
1.3701
カナダ円
117.32
117.44
117.03
117.34
2298.2
2331.0
2296.7
2327.7

夜、久しぶりに神田将軍は吠えていたね。記者団に聞かれたからなのか、自発的なのかわからないけど。まあ、またマスメディアの喧騒ぶりがわかる。為替監視国は、確かに彼の言うように気にすることもない。そもそも、ドイツが入っているのだからね。ドイツは通貨操作などやったことないと思うよ。金曜は、PCEコアがあるし、半期末だし、相場は過熱感満杯だし、荒れるかもしれないね。今、160.58. (6月26日。露天風呂の日。23時以降。)

先日、くら寿司に久しぶりに行ったのだが、予約する必要はなかった。ガラガラだったんだよね。以前は、平日でも夜は常に待ちだったのに、意外だった。それでもって、やけに高くなったなあって思ったんだよ。ぶりの1巻が375円、さぞかし立派なものと思ったが、たいしたことなかった。刺身5品、575円、え?ままごとかよ、と思ったくらい少なかった。なるほど、あの料金体系では、家族連れは大変だろうな。その前の週に、ランチに寿司岩に行った。年2-3回同じ時間帯に行くのだが、いつも待ち行列。それが、今回、席が空いていたんだよね。いろいろ考えると、寿司屋の問題じゃなくて、魚の値段が異常なんだな、たぶん。だいたい、ウニ一貫が1200円なんて表示を見ると冗談かと思うよ。先日、東洋経済でも魚特集やっていたしね。

6月26日(wed)
始値
高値
安値
引値
ドル円
159.68
160.87
159.61
160.83
ユーロ
1.0714
1.0718
1.0666
1.0680
ユーロ円
171.08
171.80
170.86
171.77
ポンド
1.2686
1.2693
1.2616
1.2621
スイス
0.8948
0.8983
0.8945
0.8974
オージー
0.6647
0.6688
0.6636
0.6648
ユーロポンド
0.8446
0.8463
0.8433
0.8462
キウイ
0.6121
0.6127
0.6074
0.6083
ポンド円
202.57
203.14
202.42
202.98
キウイ円
97.74
97.88
97.45
97.83
スイス円
178.45
179.24
178.13
179.22
オージー円
106.14
106.96
105.98
106.92
 人民元
7.2895
7.3075
7.2877
7.3010
カナダ
1.3658
1.3708
1.3651
1.3702
カナダ円
116.91
117.41
116.86
117.38
2319.5
2324.0
2293.7
2298.2

159円台で動かなくなって、落ち着いてしまうとは思いもしなかった。こうやって値段に慣れてくるのだと思う。NY参入後は、再び円売りトライ。主導権を握っている。この後、消費者信頼感があるけど、この指標は無視されたり、材料視されたりと都合よく扱われる。(6月25日。サザンの日。22時以降。)

世田谷食品が、時々、新聞に大広告を出して、初回半額みたいのを出す。多くの人が見ていると思うのだけど、半額なるものに弱い私は、この半年に、3種類トライ。味は、この手のものとしてはすごく良い。体重コントロールにも良い。問題は値段。量が少ないので、定価を見るとやはりとても高く感じる。配送までしてもらっているので、高い高いというわけではないが、割引価格だから購入しているわけで、定価ではちょっと。他社のも試したことあるが、冷凍ものとしては、この会社のものが断然美味しい。だが、うーん、やはり定価では買えないなあ。

6月25日(tues)
始値
高値
安値
引値
ドル円
159.62
159.75
159.18
159.68
ユーロ
1.0734
1.0744
1.0691
1.0714
ユーロ円
171.34
171.39
170.71
171.08
ポンド
1.2686
1.2702
1.2670
1.2686
スイス
0.8929
0.8952
0.8914
0.8948
オージー
0.6656
0.6672
0.6636
0.6647
ユーロポンド
0.8461
0.8463
0.8431
0.8446
キウイ
0.6125
0.6130
0.6108
0.6121
ポンド円
202.49
202.72
201.97
202.57
キウイ円
97.77
97.77
97.46
97.74
スイス円
178.77
178.88
178.37
178.45
オージー円
106.24
106.39
105.93
106.14
 人民元
7.2830
7.2906
7.2764
7.2895
カナダ
1.3658
1.3680
1.3625
1.3658
カナダ円
116.87
117.05
116.55
116.91
2334.3
2337.1
2315.7
2319.5

お昼運転中にラジオを入れたら、ニュースやっていたんだよね。160円に迫っており、銀行のディーリングルームは緊張感に包まれてます、だってさ。ほんとかよ?こちとら暇だったのに、見てきたようなうそを言いってやつかね。アメリカの金利が下がらないので金利差で円安が進んでますだって。嘘コケ、だったらスイス円が上がるわけがなかろう。朝のニュースでも円安の解説とか始まったので、すぐに消した。最近、円がらみのニュースや解説、コメントは的外れが多く、見ない、聞かないようにしている。神田将軍の話でもちっきりだが、彼の言動で円安の限界が見えなくなってきている。介入は結構なので、安く外貨を買わせてくれるチャンスと捉えておいた方が良いだろう。大騒ぎになるのは、その時だけ。159.70.(6月24日。UFO記念日。18時以降。)

ナチスが恐れた義足の女スパイ」中央公論。ソニアーパーネル著。座布団5枚。読むのにすごく時間がかかってしまった。単行本なのに行間が狭いので、私にはきつい。フランス人名とか、とにかく多数の名前が登場するので、誰が誰だったか思い出すのに一苦労。それはそれとして、こんな説明となっている。「イギリス特殊作戦執行部 (SOE)やアメリカCIA の前身OSSの特殊工作員として単身でナチス統治下のフランスに単身で潜入、仲間の脱獄や破壊工作に従事、レジスタンスからも信頼され、第二次世界大戦を勝利に導いた知られざる女性スパイの活躍を描く実話」。イアンフレミングは、彼女の行動から、007の着想を得たそうである。ヴァージニア・ホールは実在で、凄腕の女スパイですさまじい。並の神経ではない。当時、アメリカには諜報機関が全く発達しておらず、イギリスを舞台に活躍。強く感じたのは、戦前、戦中、戦後を通して、欧米も男女平等なんて嘘で、つい、この50年程度の変化であり、日本も遅れているなどと思わなくてよい。彼女が、この女性軽視にずいぶん苦労していたのが描かれている。事実は小説より奇なりの言葉通りのスパイの生きざまである。

6月24日(mon)
始値
高値
安値
引値
ドル円
159.80
159.93
158.74
159.62
ユーロ
1.0690
1.0746
1.0684
1.0734
ユーロ円
170.85
171.45
170.25
171.34
ポンド
1.2635
1.2697
1.2633
1.2686
スイス
0.8940
0.8945
0.8922
0.8929
オージー
0.6640
0.6667
0.6627
0.6656
ユーロポンド
0.8458
0.8477
0.8452
0.8461
キウイ
0.6115
0.6140
0.6105
0.6125
ポンド円
201.90
202.70
201.12
202.49
キウイ円
97.70
97.93
97.30
97.77
スイス円
178.75
178.85
177.94
178.77
オージー円
106.10
106.37
105.59
106.24
 人民元
7.2900
7.2943
7.2772
7.2830
カナダ
1.3700
1.3708
1.3650
1.3658
カナダ円
116.65
116.99
116.07
116.87
2322.0
2334.6
2317.8
2334.3

159円で、東京は買いトライ、いまいち。欧州は何もせずって感じ。指標後、円売りが続いているのだが、2センチ上げて、1センチ下げるって感じで迫力がない。NYのことだから、また、夜中以降に何かやらかすのかもしれない。PMIだが、欧州があんなに失速するとは驚き。米PMIは、相変わらず、開けてビックリ型なのだが、米指標は最近マチマチ。ただ、住宅がダメなのはわかる。おっと、時間たつにつれて、NYのいつものコソコソ仕掛けの様相で159.47.(6月21日。えびフライの日。23時以降。)

駅チカのビストロが閉店してしまった。電話通じず、ウェブサイトは閉鎖、だから多分そうなのだろう。1年もたなかったなあ。非常に残念。三軒茶屋から来てた名の知れたコックだったのだが、都内にあるしゃれた店系は、だいたい多摩地域に移ってきて、うまくいかない。住宅ローン抱えているような層が多く、子供のいる家庭も多いので、そうなってしまうのかなという感じがある。あんな美味しい鴨のコンフィを出してくれる店だったのになあ。私を訪ねてくる人を、皆ここに連れて行こうと思っていたが、二人連れて行っただけで終わってしまった。最近、小さい洋菓子店の閉店が多いと聞くし、食べる系は、エントリーしやすいが、永続することも厳しい世界というのが私の実感。

6月21日(fri)
始値
高値
安値
引値
ドル円
158.93
159.87
158.67
159.83
ユーロ
1.0702
1.0720
1.0671
1.0692
ユーロ円
170.09
170.91
169.34
170.89
ポンド
1.2660
1.2676
1.2622
1.2642
スイス
0.8914
0.8957
0.8905
0.8942
オージー
0.6656
0.6669
0.6632
0.6641
ユーロポンド
0.8453
0.8466
0.8443
0.8458
キウイ
0.6120
0.6134
0.6110
0.6118
ポンド円
201.20
202.06
200.48
202.06
キウイ円
97.27
97.78
97.09
97.78
スイス円
178.29
178.71
177.91
178.71
オージー円
105.78
106.16
105.47
106.14
 人民元
7.2905
7.2924
7.2840
7.2900
カナダ
1.3689
1.3718
1.3675
1.3694
カナダ円
116.10
116.72
115.85
116.72
2360.2
2368.7
2316.9
2321.8

東京は静かだったが、欧州でドル買い、NYが参入してからは円売り。米指標は良いとは思えなかったが、金利は一旦下げてから、一転して上げ。円売りの波は静か。皆で、おまえが先に行け、と言う感じで揉みあいながら、ノックノックと上値の壁と叩きながら上げている。こんなに慎重に上げ続けるのでは、介入などできないだろうね。振り返れば、どんなイベントの下げも全てフェイクで結局は上げが正解だったわけで、騙されないようにしないと。今度は160円ではやらないと思う。日本人のマネーが海を渡り続けているのに、愚行だよね。(6月20日。世界難民の日。23時前。)

先日、門田のドキュメンタリーを見た。そう、ホームラン3位の南海門田。若い人は知らないかもしれない。そんなに野村と確執があったとは知らなかった。努力一筋の男というイメージ。タイトルが衝撃的だった『ある野球人の死 〜門田博光とその時代〜』スポーツ界は、第二の人生が大変だよね。このドキュメンタリー番組には参りました。

6月20日(thrs)
始値
高値
安値
引値
ドル円
158.01
158.94
157.92
158.93
ユーロ
1.0744
1.0748
1.0702
1.0702
ユーロ円
169.77
170.31
169.62
170.09
ポンド
1.2720
1.2723
1.2655
1.2657
スイス
0.8843
0.8926
0.8833
0.8914
オージー
0.6672
0.6679
0.6648
0.6656
ユーロポンド
0.8447
0.8461
0.8435
0.8455
キウイ
0.6132
0.6147
0.6112
0.6120
ポンド円
200.99
201.38
200.82
201.16
キウイ円
96.89
97.30
96.82
97.27
スイス円
178.68
179.06
177.68
178.29
オージー円
105.43
105.90
105.34
105.78
 人民元
7.2810
7.2918
7.2789
7.2905
カナダ
1.3708
1.3720
1.3683
1.3689
カナダ円
115.27
116.16
115.24
116.10
2328.5
2365.4
2328.0
2360.2

ひどい一日となっている。動かないのに、さらにNY休みでは、困ったものだ。そんなわけで、円キャリーは続く。BOAが日本株の沈滞ぶりに触れていたが、まさに同感。NISAは良いのだが、今では米国株買わせるために設定したかの様相。それで、円安が進んでいるのだから、話にならない。米国株+円安で恩恵受けている人たちも多いのだから、まあ、それはそれでいいのかな。日本企業も変化したところも多いのだが、旧態依然のところも多く、そして、日本人も変わらないのだから、どうにもこうにも。銀行にゼロ金利でお金を放置して、株式市場には5%以上の利回りの株が多数。話にならない。投資は危険と言いながら、詐欺集団に献金する有様。(6月19日。ベースボール記念日。22時半。)

先日、映画見たいと思ってネットでウロウロしていたら、舟を編む、が出てきた。以前見たことあるし、小説も読んだし、と思ったが、まあ、もう一度見てみようと思った。時間見ながら、区切り区切り見たが、いいものは二度見てもやはりいいのだね。松田優作の息子も良かったが、オダギリジョーも良かった。

6月19日(wed)
始値
高値
安値
引値
ドル円
157.85
158.13
157.61
158.09
ユーロ
1.0740
1.0753
1.0725
1.0744
ユーロ円
169.53
169.90
169.14
169.85
ポンド
1.2708
1.2740
1.2701
1.2720
スイス
0.8842
0.8854
0.8834
0.8845
オージー
0.6656
0.6677
0.6655
0.6672
ユーロポンド
0.8451
0.8454
0.8430
0.8447
キウイ
0.6144
0.6145
0.6129
0.6132
ポンド円
200.60
201.12
200.43
201.09
キウイ円
96.98
97.00
96.67
96.94
スイス円
178.52
178.78
178.18
178.73
オージー円
105.06
105.49
105.06
105.48
 人民元
7.2710
7.2812
7.2699
7.2810
カナダ
1.3716
1.3726
1.3698
1.3706
カナダ円
115.07
115.35
114.85
115.34
2329.5
2335.0
2323.9
2328.5

158円台に上がって、お、相場は活況に転じるのか、と期待をしたが、ま、いつも通りのいいかげんな予想といいかげんな結果を出す米指標(日本指標はもっとひどいけど)に朝の値段まで押し戻されて、なんてことない陳腐な相場に戻ってしまった。RBAには驚いた。利上げを考えていたとはね。まあ、これでオージー円が105円台という新領域に入ると面白いのだけどね。(6月18日。おにぎりの日。22時半。)

久しぶりに今年は大河みてないんだよね。平安時代とか源氏物語とか興味なかったし。好きな人が多いのは知っている。それで、光る君が健闘していて視聴率も落ちないので、おやおや、ってな感じ。健闘しているものだから、いろいろ、講釈する番組も出てくるわけ。最近、聞いたので面白かったのは、当時、え?家に天井がなかったとはビックリ。あるのが当たり前とこっちは思っているからね。それで、板敷きでは、冬の寒さは想像を超えるなあ。そのために、服を何枚も重ねて着ていたらしい。十二ひとえが有名だけど、20枚くらい重ね着するのも珍しくなかったとか。

6月18日(tues)
始値
高値
安値
引値
ドル円
157.70
158.22
157.53
157.85
ユーロ
1.0734
1.0761
1.0710
1.0740
ユーロ円
169.30
169.91
168.97
169.53
ポンド
1.2704
1.2720
1.2669
1.2708
スイス
0.8895
0.8899
0.8828
0.8842
オージー
0.6612
0.6657
0.6600
0.6656
ユーロポンド
0.8449
0.8464
0.8445
0.8451
キウイ
0.6131
0.6148
0.6098
0.6144
ポンド円
200.37
200.84
200.04
200.60
キウイ円
96.70
97.02
96.37
96.98
スイス円
177.31
178.73
177.17
178.52
オージー円
104.28
105.09
104.03
105.06
 人民元
7.2700
7.2771
7.2694
7.2710
カナダ
1.3724
1.3756
1.3708
1.3718
カナダ円
114.92
115.18
114.69
115.07
2320.0
2333.0
2306.7
2329.5

158円台から156円台に落ちた相場は、157円台でウロウロ。今日は何とか気迷いから上げ相場に回帰の様相で、158円に迫っている。もう、節などないから、155-160円の枠だね。お騒がせのフランスも多少の落ち着きで、ユーロポンドも反転しているのが目につく。(6月17日。薩摩の日。23時。)

見てみて、と言われて見たのが、SNS?ネット?で外人観光客たちが、築地や都内で、バカ高い寿司を食べさせられているから、ちょっと足を伸ばせば、美味しくて、値段も手ごろなお寿司を食べられるから教えたいという投稿だった。イオンモールは、東京に3か所しかなく、それが、地元日野と武蔵村山と東久留米にしかない。そう、地方にたくさんあるバカでかいイオンモール。日野の豊田のイオンモールは新宿から30分で行けるのだから、皆、豊田のイオンモールに来ればいいんだよ、というもの。そして、イオンモールには、たくさんの美味しいレストランがあるし、寿司屋もあるし、ってわけ。私は3度ほど行った事があるけど、言ってることはわかる。都内には、ぼり過ぎの飲食店が多すぎる感じだね。いくら、円安で外人たちから稼げるといっても、ちょっとね、違和感。

6月17日(mon)
始値
高値
安値
引値
ドル円
157.35
157.96
157.15
157.72
ユーロ
1.0700
1.0737
1.0687
1.0734
ユーロ円
168.35
169.33
167.96
169.30
ポンド
1.2690
1.2709
1.2660
1.2704
スイス
0.8910
0.8932
0.8894
0.8895
オージー
0.6610
0.6623
0.6586
0.6612
ユーロポンド
0.8440
0.8461
0.8435
0.8449
キウイ
0.6135
0.6141
0.6105
0.6131
ポンド円
199.70
200.45
199.07
200.37
キウイ円
96.55
96.74
96.10
96.70
スイス円
176.60
177.28
176.50
177.31
オージー円
104.00
104.35
103.59
104.28
 人民元
7.2710
7.2728
7.2674
7.2700
カナダ
1.3740
1.3764
1.3721
1.3724
カナダ円
114.50
114.95
114.29
114.92
2332.0
2332.4
2310.2
2319.2

不可思議な日となった。日銀、植田会見終了までは、まあ、それなりに活発だったし、比較的わかりやすいものだった。問題は欧州だね。離脱の話を出して煽る連中がいるし。ユーロ崩れが、他に波及。それで、まあ、クロス円が皆沈没になったわけで、ドル円とか日銀とか関係なしって感じの相場に転じる有様。もともとやりすぎの過熱感のクロス円だから、一度、殴られるときついよね。ドル円の往来相場が目立つのだけど、クロス円がドル円を振り回している様相。どうも、メキシコペソ辺りからおかしくなったよね。通貨と政治がらみっていうのは、非常に難解なもので、昔から不安定になる。ところでミシガン。よくまあ、あれだけ予想と結果が違うよね。予想を出している連中と結果を出す連中で、事前によく話し合ってもらいたいものだ。。。。。今日の予想はひどすぎ。(6月14日。世界献血者デー。23時以降。)

自分でビールを買ったのは久しぶりだったが、350ミリがコンビニで200円くらいだったかな?驚いたのは、消費税とるんだよね。酒って昔から税金のかたまりだと思っていたので調べたら、63円だって?これに消費税20円とるわけ?ってことは、200円のうち、83円が税金??国だとこういう暴力商法ができるんだなあ。実に驚いた。

6月14日(fri)
始値
高値
安値
引値
ドル円
157.01
158.25
156.80
157.40
ユーロ
1.0738
1.0745
1.0668
1.0705
ユーロ円
168.60
169.80
167.52
168.50
ポンド
1.2760
1.2763
1.2658
1.2687
スイス
0.8938
0.8947
0.8896
0.8902
オージー
0.6636
0.6641
0.6591
0.6615
ユーロポンド
0.8415
0.8441
0.8397
0.8438
キウイ
0.6168
0.6170
0.6116
0.6142
ポンド円
200.35
201.61
198.94
199.69
キウイ円
96.84
97.25
96.11
96.68
スイス円
175.67
176.90
175.50
176.81
オージー円
104.19
104.80
103.65
104.12
 人民元
7.2705
7.2750
7.2688
7.2710
カナダ
1.3739
1.3779
1.3728
1.3735
カナダ円
114.28
115.10
114.01
114.60
2304.0
2336.6
2301.8
2332.7

東京で、157.31まで回復して、結局、CPI相場の全否定、Uターンとなった。さきほどのPPIと失業保険はドル売りだったが、前日に懲りているせいか、ドル売りも力がなかった。明日は、日銀、植田。今回は事前の憶測報道は限定的で、関心の度合いが薄いように感じられるけど。(6月13日。はやぶさの日.(JAXA)。22時。)

都内に住むと、なるほど、生活費が高くなると言うのは本当だね。都内と言ってもいわゆる中心部だ。友人が青山で軽油を入れたら、180円だったそうだ。そこでは、レギュラーは200円、ハイオク213円。私が入れているところは、軽油140円、レギュラー162円、ハイオク173円、現金。カードだともうちょい安い。私が都内に住んでいるころ、そんな歴然たる差なんてあったかなあと思うわけ。ガソリン補助金なるものなんて、どう利用されているかわからないよね。スーパーなんかもう行かなくてもわかる。都内で食事するときは、高いことを前提として行っている。不動産が上がっていると言うのは、場所代なんかにも影響しているのだから、その他もろもろで都内で食事は2割以上高いという感触。そういえば、地方のガソリン価格も高いよね。どうも日本のエネルギー価格というのは、ブラックボックスなのかもしれない。

6月13日(thrs)
始値
高値
安値
引値
ドル円
156.68
157.31
156.57
157.01
ユーロ
1.0809
1.0816
1.0732
1.0738
ユーロ円
169.36
170.13
168.29
168.60
ポンド
1.2798
1.2807
1.2739
1.2764
スイス
0.8944
0.8967
0.8932
0.8938
オージー
0.6663
0.6675
0.6627
0.6636
ユーロポンド
0.8446
0.8458
0.8413
0.8413
キウイ
0.6185
0.6198
0.6160
0.6168
ポンド円
200.52
201.31
199.70
200.41
キウイ円
96.91
97.22
96.57
96.84
スイス円
175.18
175.78
175.12
175.67
オージー円
104.40
104.68
103.85
104.19
 人民元
7.2630
7.2705
7.2598
7.2705
カナダ
1.3720
1.3763
1.3716
1.3739
カナダ円
114.20
114.53
113.91
114.28
2324.8
2326.6
2295.7
2304.0

あれほどCPIに強く反応するとは思いもしなかった。それだけ、期待感が強かったのだろう。その流れをひっくり返したのはパウエル。市場の雰囲気と異なり、非常に冷めていた感じ。結局、大いなるUターン相場となった。上げも下げも素直に突き進んだわけではなく、思惑が絡み合って、ジグザグと時間差攻撃みたいな感じで、あまり良い相場にも見えなかった。Uターン相場は、もともとそんなものだけど。今度は、日銀。(6月13日。はやぶさの日.(JAXA)。5時。)

6月12日(wed)
始値
高値
安値
引値
ドル円
157.12
157.37
155.72
156.73
ユーロ
1.0740
1.0852
1.0735
1.0809
ユーロ円
168.77
169.58
168.66
169.41
ポンド
1.2739
1.2860
1.2733
1.2798
スイス
0.8976
0.8983
0.8894
0.8944
オージー
0.6606
0.6704
0.6598
0.6663
ユーロポンド
0.8431
0.8451
0.8418
0.8446
キウイ
0.6142
0.6221
0.6135
0.6185
ポンド円
200.18
200.94
199.95
200.58
キウイ円
96.50
97.08
96.41
96.94
スイス円
175.07
175.97
174.66
175.23
オージー円
103.81
104.55
103.68
104.43
 人民元
7.2725
7.2738
7.2502
7.2630
カナダ
1.3758
1.3760
1.3681
1.3724
カナダ円
114.22
114.49
113.74
114.20
2316.9
2341.6
2310.9
2325.0

日米中銀イベント以外ノーマークだったが、仏が殴り込んできて、俺が主役だとばかり、ユーロがチャチャを入れるようになったという構図。選挙とか政局とか、欧州の場合、昔から通貨と金利に影響を与える。また、欧州の政局なんて我々日本人にはわかりにくいわけで、面倒な事だ。そんなわけで、ユーロポンドは安値更新するし、ユーロ対XXXばかりで、ドル相場ではなくなってしまっている。(6月11日。傘の日。22時過ぎ。)

少子化問題が騒がしい。金をばらまいて、援助したいという事のようだが、役に立つとは思えない。何もしないよりましという程度ではないか?お金がないから、生活が苦しいから、働くのが大変だとか、それが、子供産まない理由なの?昔は、みんな貧乏だったけど、子供ばかり生んでいたぞ。ってことは、今の若い世代にとっては、性交渉や男女交際とかよりも、もっと面白いことがあるからではないのか?社会構造がすっかり変わってしまっているのだから、少子化問題が底を打つとは考えにくく、まだまだ落ちていくと思う。これは高齢者の勝手な見方で、時代遅れだから、コンドーさん禁止にすればいいじゃん、なんて気楽に考えてしまうのだ。

6月11日(tues)
始値
高値
安値
引値
ドル円
157.03
157.40
156.81
157.14
ユーロ
1.0765
1.0773
1.0720
1.0740
ユーロ円
169.04
169.42
168.30
168.77
ポンド
1.2731
1.2751
1.2707
1.2739
スイス
0.8965
0.8993
0.8960
0.8976
オージー
0.6611
0.6613
0.6589
0.6606
ユーロポンド
0.8456
0.8467
0.8419
0.8431
キウイ
0.6128
0.6149
0.6118
0.6144
ポンド円
199.91
200.39
199.69
200.18
キウイ円
96.23
96.58
96.11
96.55
スイス円
175.16
175.52
174.81
175.07
オージー円
103.81
103.94
103.53
103.81
 人民元
7.2655
7.2745
7.2627
7.2715
カナダ
1.3757
1.3791
1.3749
1.3758
カナダ円
114.15
114.37
113.87
114.22
2311.0
2319.9
2297.9
2316.9

ユーロが朝から集中砲火を浴びている。と言ってもいつも動かないから、すごく動いた感じがするだけなのかもしれない。来月はポンドというわけで、選挙、政局がらみってやつ。ドル円は、雇用相場の延長戦みたいな感じ。かつてとは異なり、動きが緩慢。金は、中国に梯子外しをされたので、戻り歩調もシズシズってところ。(6月10日。時の記念日。22時。)

先日、夜中にテレビを付けたら、安倍氏が官房長官だったころの画像が流れ、国民の皆様には、ウィニーを使用しないでいただきたいなどと記者会見でしゃべっていた。ITに疎い私には、ウィニーという言葉は知っていたものの深い内容は知らなかった。当時は大問題になった事件のようだ。なんでもこの裁判で最初は有罪で、次は無罪となったようだが、この間、なんと7年半、いつも疑問なんだよね、なんで司法ってこんなに長くやるのかね??それで、このウィニーをつくった天才は、40歳くらいで、無罪判決後、半年?くらいで病死するという小説みたいな話。驚くことに、このウィニーをもとに、今のユーチューブやツィッターが作れたはずなのに、この7年半の時間経過が長すぎて、日本以外で次々と技術革新が進んでしまったという話。なんだか、ずっと脳裏に残っている。なんで、日本がIT技術で後れを取ったのかというのが論点だったと思う。いろいろ考えさせられたいい番組だった。芸人たち相手の講義だったが、なかなかであった。

6月10日(mon)
始値
高値
安値
引値
ドル円
156.65
157.19
156.58
157.03
ユーロ
1.0800
1.0806
1.0733
1.0765
ユーロ円
169.20
169.21
168.31
169.04
ポンド
1.2720
1.2737
1.2689
1.2731
スイス
0.8970
0.8982
0.8955
0.8965
オージー
0.6585
0.6611
0.6576
0.6611
ユーロポンド
0.8488
0.8488
0.8440
0.8456
キウイ
0.6105
0.6128
0.6100
0.6128
ポンド円
199.25
200.04
198.94
199.91
キウイ円
95.65
96.23
95.63
96.23
スイス円
174.70
175.25
174.70
175.16
オージー円
103.15
103.83
103.10
103.81
 人民元
7.2640
7.2725
7.2621
7.2655
カナダ
1.3760
1.3781
1.3754
1.3757
カナダ円
113.85
114.20
113.78
114.15
2294.0
2313.7
2287.9
2311.0

満額回答の雇用統計ってところ。以前から書いているように、やはり、移民がアメリカの場合、大いに影響していると思うね。金融市場の方は、米連銀が腰を据えて、動じないのに、去年から、年6回だとか、5回だとか、そのたびに減って、とうとう1回。予想するのは自由だけど、予想を商売にしているから質悪いな。これで、来週は、FOMCとBOJを迎えるわけで、相場は、大いに動意を見せそうだ。(6月7日。世界食品安全の日。23時過ぎ。)

昨日は、美味しくない店の話だったので、今日は美味しかった店の話にしよう。高倉町珈琲。八王子の高倉町が起点だと思うけど、多摩地域を中心に拡大している。都内には一店しかないようだが、地方にもポツポツ出店しているようだ。今まで名前は知っていたけど、行ったことなかった。結論的に言うと、星乃やコメダより上だと思う。まあ、個人的感想だけども。ランチタイムに行ったのだけど、驚いたなあ。行列、待ちだったよ。並ぶのは嫌いなので、いつもはパスだけど、この日は初めてだったので、我慢してぼけ〜〜と待つ。昭和のナポリタンを注文。糖質オフにしてくれる。これがプラス28円なので驚き。近所のラーメン屋の糖質フリーはプラス150円。なかなか、待てども料理が来ない。厨房をちらっと見ると、エビスと違って、きちんと作っているようだ。ずいぶん待ったなあ。これが難点だが、喫茶店だからね。雑誌もいろいろ置いてあった。味はマアマアでした。珈琲を飲まなかったけど、どうも最強の売りは、珈琲らしい。夜のメニューやケーキ類などもしっかりしているが、喫茶店である誇りを忘れないぞ的な雰囲気であった。店内は、きれい。

6月7日(fri)
始値
高値
安値
引値
ドル円
155.59
157.07
155.13
156.77
ユーロ
1.0891
1.0903
1.0799
1.0801
ユーロ円
169.45
169.97
168.95
169.33
ポンド
1.2791
1.2816
1.2716
1.2720
スイス
0.8893
0.8972
0.8881
0.8966
オージー
0.6666
0.6681
0.6579
0.6580
ユーロポンド
0.8513
0.8520
0.8490
0.8491
キウイ
0.6200
0.6203
0.6102
0.6103
ポンド円
199.02
199.81
198.40
199.41
キウイ円
96.48
96.60
95.55
95.68
スイス円
174.96
175.25
174.49
174.85
オージー円
103.72
103.96
102.98
103.15
 人民元
7.2595
7.2652
7.2475
7.2630
カナダ
1.3670
1.3768
1.3663
1.3766
カナダ円
113.82
114.38
113.45
113.88
2375.9
2387.6
2287.0
2294.0

ひどい相場で、午前中はドル円下げで、うーん?なんでだと思っていたら、日銀連中のコメントで、スルスルと円安。なんだか前日の相場の踏襲みたいなもので、NYが来てからも、活況とは程遠く、ウロウロしているだけで呆れた。ユーロは、ECBや総裁でも動かないのはわかっていたので、結末は想定内。我々にとっては、これだけ動かないとなると投機失格通貨ペアなのだが、裏を返せば、それだけ安定した通貨とも言える。円相場は、最近、NY市場が逆行ばかりしているので、今晩は、この後どうするのか見てみたい。(6月6日。楽器の日。23時。)

レストランパークヒル。しゃれた名前だよね。カリフォルニアみたいだ。近所に市の体育館とフィールドと野球場がある。そこにあるレストランで、昔からよく利用していた。今回、新規改装開店と手書き的なチラシが来た。初回2割引だという。昔よく行ったのは、この店の冷やし中華が大きくて美味しかったからなのだが、当然、冷やし中華を目指した。オーナーが変わってから、すっかりまずくなったのだが、今回メニューが変わっていた。ワンコインと書いてあって、ラーメン、そば、うどん、と書かれている。500円、ちょっと安すぎるので遠慮。いまどき立ち食いでもこれ以上するからね。担々麺850円、食べたかったが、ライス付きとなっているので、若くないので遠慮。本日のランチ、鶏のから揚げ定食880円、横で食べている奴を見たら、たいして美味そうでもなかった。それでまあ、一番高い定食にしようと思ったわけ。パークヒル丼となっている。隣がかつ丼だから、当然丼物と思った。エビ8尾、鶏唐揚げ2個と書いてある。丼だから、当然、エビは小さいやつだと思ったわけ。この丼、1200円。出てきました。ビックら仰天。大皿に盛ってある。下にキャベツ、その上にライス、その上に、豪勢な中サイズのエビフライ8尾、唐揚げ2個、おいおい、俺は相撲取りじゃないんだし。これは、都内なら2500円以上取るな。食べたけど、と言うか食べてごらん、この量をね。ソース貰ったけど、こいつが、詰まっているのか、なかなか出てこないんだ。さすがに、事務所に戻ってから、キャベジン。食べ終わって、体重計に乗るのが怖いので、夕食はレタスだけにした。レジのおばんに、冷やし中華なんでないのよ?と言ったら、上の者に言っておきます、エビ8個はいくらなんでも多すぎるよ、と言ったら、上の者に言っておきます、何言ってんだか、もう二度と行かない。運動してない人は来店しないでくださいの張り紙でもしておけっていうの。そんな新装開店だが、店内は何も変わらず、人は、以前のガラガラよりましになったが、いつまで続くのかねえ。安いのは褒めるけど。

6月6日(thrs)
始値
高値
安値
引値
ドル円
156.05
156.44
155.36
155.62
ユーロ
1.0869
1.0902
1.0862
1.0889
ユーロ円
169.61
170.30
169.21
169.45
ポンド
1.2787
1.2808
1.2763
1.2791
スイス
0.8935
0.8935
0.8893
0.8893
オージー
0.6649
0.6683
0.6634
0.6666
ユーロポンド
0.8500
0.8524
0.8499
0.8513
キウイ
0.6192
0.6215
0.6174
0.6200
ポンド円
199.54
199.94
198.84
199.05
キウイ円
96.63
96.74
96.41
96.48
スイス円
174.65
175.37
174.48
174.99
オージー円
103.77
103.98
103.62
103.74
 人民元
7.2590
7.2643
7.2527
7.2595
カナダ
1.3695
1.3709
1.3665
1.3670
カナダ円
113.95
114.23
113.66
113.84
2355.3
2378.4
2353.7
2375.9

怒涛の円買いの日は、打って変わって怒涛の円売りの日となり、今日は、全否定の日になっている。これは、ちょい悪質。まさかの156円台に舞い戻ったら、そのまま、いつまでも156円台。この後は、ビックリ箱のISM。ISMまた悪化と想定しているのか、金利が下がり、ドルが下がりだした。今晩もドラマが待っているのだろうか?6月5日。寄席の日。22時半。)

最近出てくる英語がよくわからない。証券会社のコメントで、カタリスト不足という言葉があったのだけど、うーむ、変な使い方だなあ、と思って調べたら、要するに、単に材料不足ってことなんだね。普通に材料不足と言われていた記憶あるけどなあ。シナジーって、相乗効果って意味ね。うーむ、昔からこういう言葉使われていたかなあ。私がぼけてる?そんなことも知らないで、英語ができるなんて言うなと言われそう。

6月5日(wed)
始値
高値
安値
引値
ドル円
154.89
156.48
154.80
156.12
ユーロ
1.0881
1.0891
1.0855
1.0869
ユーロ円
168.50
170.02
168.41
169.69
ポンド
1.2771
1.2795
1.2756
1.2787
スイス
0.8900
0.8948
0.8898
0.8935
オージー
0.6648
0.6664
0.6627
0.6647
ユーロポンド
0.8520
0.8520
0.8499
0.8500
キウイ
0.6177
0.6198
0.6171
0.6192
ポンド円
197.78
199.75
197.69
199.63
キウイ円
95.68
96.74
95.61
96.67
スイス円
173.99
175.14
173.95
174.73
オージー円
103.00
104.00
102.91
103.77
 人民元
7.2470
7.2605
7.2470
7.2590
カナダ
1.3679
1.3741
1.3666
1.3695
カナダ円
113.23
114.28
113.18
114.00
2327.0
2357.3
2326.1
2355.3

ISM一発で相場の雰囲気一変となった。以前もそんなことあった気がする。それで、メキシコペソの崩壊があったので、クロス円の上値は厳しいかと思っていた。そしたら、朝から買い攻勢で、ユーロ円の170.72,ポンド円の200.42への戻りには、実に違和感があったね。NZ円も朝から新値更新だったし。毎朝、伸びる竹の子でもあるまいし。案の定、15時過ぎから大崩れ。昨日あたりから、米景気の鈍化がささやかれているが、これには違和感があるんだよね。住宅の悪化はわかっている。以前も指標悪化が相次いで、米経済おかしいと思ったら、その後の指標がことごとく良くて、唖然としたものだ。(6月4日。虫の日。23時過ぎ。)

経団連とか、そういうところとか、やたら円安批判が強いが、硬直した脳だと思うな。円安を一つの契機として、この国に変化が起きればいいんだよ。こういう円安状態が続けば、新しい産業が出てくるのかもしれないし、円高でしか生きていけない企業は、退場するとか、いろいろな流れが出てくる。だから、介入で円安を止めようなどと言うのは、論外の行動。新しい視点でビジネスを仕掛ける連中も出てくるだろうし、面白くなるだろう。円安も行きつくところまで行けば、Uターンするのだから、そんなヒステリー起こす必要などない。神州不滅だったのではないのか?

6月4日(tues)
始値
高値
安値
引値
ドル円
156.07
156.48
154.55
154.89
ユーロ
1.0904
1.0916
1.0859
1.0879
ユーロ円
170.18
170.72
167.98
168.50
ポンド
1.2804
1.2817
1.2743
1.2769
スイス
0.8958
0.8972
0.8885
0.8902
オージー
0.6689
0.6698
0.6631
0.6650
ユーロポンド
0.8516
0.8525
0.8505
0.8520
キウイ
0.6193
0.6198
0.6156
0.6177
ポンド円
199.83
200.42
197.21
197.78
キウイ円
96.65
96.85
95.28
95.68
スイス円
174.22
174.73
173.23
173.99
オージー円
104.40
104.62
102.62
103.00
 人民元
7.2515
7.2586
7.2412
7.2470
カナダ
1.3628
1.3699
1.3621
1.3676
カナダ円
114.52
114.79
112.97
113.26
2350.7
2352.7
2315.6
2327.0

金曜の夜中の円売りに疑問があったので、月曜の動きに注目していたが、またまた、ランチタイムに円売り仕掛けする向きがいて、唸っていた。欧州時間帯から、反転。やはりインチキフライデーということで、仕掛け前の値段に戻ったのは、興味深かった。金曜と月曜が裏表という相場は、時々起きる現象。さきほど、ISM製造業が出て、ドル売り。毎度何が出るかわからない曲者。金利が低下している。(6月3日。世界自転車デー。23時過ぎ。)

キネマの玉手箱」大林宜彦著。ユニコ舎。世の中には大林ファンが多数いるのは知っている。大林監督と言えば、尾道と来るのだが、私が尾道に行ったときは、小津監督の事ばかり考えていた。余命があまりなくなってからの大林監督の映画製作現場のドキュメンタリーは見たことがある。この本には、彼の反戦への思いが強く込められている感じがした。しかし、大林監督と談志が近い世代だとは知らなかった。

6月3日(mon)
始値
高値
安値
引値
ドル円
157.30
157.47
155.95
156.07
ユーロ
1.0850
1.0904
1.0828
1.0904
ユーロ円
170.65
170.89
169.72
170.18
ポンド
1.2740
1.2808
1.2695
1.2807
スイス
0.9040
0.9041
0.8951
0.8958
オージー
0.6645
0.6694
0.6633
0.6689
ユーロポンド
0.8515
0.8535
0.8510
0.8514
キウイ
0.6140
0.6193
0.6134
0.6193
ポンド円
200.40
200.64
199.24
199.88
キウイ円
96.60
96.80
96.29
96.65
スイス円
174.00
174.67
173.80
174.22
オージー円
104.50
104.72
104.01
104.40
 人民元
7.2645
7.2649
7.2512
7.2515
カナダ
1.3630
1.3668
1.3603
1.3628
カナダ円
115.40
115.54
114.30
114.52
2327.0
2354.7
2314.9
2350.7